偏頭痛はなぜ止まった!?

偏頭痛持ちで悩んでいる方に遭遇することはよくあります。ひどい時は吐き気や嘔吐があるそうで、ある方は週に数回、薬も頻繁に飲むといった方もいます。大人の片頭痛持ちの75%が低血圧の女性というデータもあります。片頭痛の依頼があった時に、ブレインクリア・セラピー®で注目する機能は?

 

住んでいる土地は大丈夫?

霊障の影響を受けやすい方は、住んでいる土地や行った場所によって、脳に霊道が開くという方もいます。霊道というのは、その名の通り、霊の通り道ということだそうで、霊が視える人に聞くと、霊道が開いている部屋には、霊が列をなしてサーっと通っているそう。それが脳に開いているって、怖っ。なんですが、開いている方もいます。体や脳の霊道が開いていると、自分にとって不要なエネルギーが溜まりやすいようで、血流が悪くなるのかはわかりませんが、不要なエネルギーが邪魔をして、痛みなどを起こすのかもしれません。セラピーでは霊道を開いているか確認をして、閉めるということを行います。

ショックなことや考え込み過ぎても。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)といった強烈なショック体験や強い精神的ストレスを経験していたり、考え込む傾向が強い場合、脳の血流が悪くなるのか、体と一緒で、緊張を強めます。脳や脳の血管がキュッと緊張することが考えられます。セラピーではその緊張を緩めていきます。

眼球の疲れは大丈夫?

パソコンなどのブルーライトや眼を酷使することで、脳と同じく眼球や眼球の血管が緊張して、頭痛が起こることもあります。ブレインクリア・セラピー®ではこのあたりの緊張に対してもセラピーをしていきます。

ホルモンと脳の関係

ホルモンが減ると脳内のセロトニンが減って、血管の緊張が強まったり、痛みを抑えるのが弱くなったりすると言われています。病院では問題にされないけれど、ちょっとした不調が連鎖して、頭痛につながっているようです。ホルモンを元気にしていくセラピーも取り入れています。

体の歪みは?

単純に考えて、首や肩周りの緊張を血流を滞らせて、頭痛が起きることも考えられます。そのため、場合によっては頸椎の歪みにもセラピーをすることがあります。

自分で作り出しているかも…

自分のネガティブな感情が痛みを作り出しているということもあります。実際その感情にセラピーをしてみることで、痛みが変化するというこはよくあります。そして、痛みというのは記憶をしていて、例えば、「梅雨時になると膝が痛む」といった症状は気圧などの関係もあるかもしれませんが、記憶で呼び起こすこともあります。「自分のこの痛みは霊障かも?」と思って相談してくださる方も、セラピーをしていったら、自分で作り出していた、ということはよくあります。

どこへ行っても原因のわからない片頭痛は、こういったことが原因しているかもしれません。

メニュー

ブレインクリア・セラピー基礎講座
ブレインクリア・セラピー上級講座
宇宙と繋がる体験コースなど