霊感やスピリチュアル能力に自覚がないのですが、目に見えない世界が気になりだしたのは、25年前の長女の出産でした。生まれてみたらダウン症、分娩台にいる状態で「ダウン症」と言われた時は、高校の通学途中でよくダウン症の子どもたちを見かけていたので、「日常生活は普通にできるし大丈夫。」と思いました。

しかしかなりレアなタイプで、妊娠中に脳が萎縮していて、自力では生まれてきたものの、首が坐らない、ミルクが飲めないといったことが徐々にわかってきて、それと共に、先祖が気になりだしたのがこの頃でした。

今回は成仏してもらうスキルを身に着けてから、気になる先祖を自ら調べてセラピーをしていったことと、再婚して姓が変わることで、今の家系と向き合うことになって起こった結果から、墓参りとは違う先祖供養の在り方について、書きました。

なんで先祖供養してみようと思ったのか?

調べてみると代々「脳」に関わる疾患を持っている人が多かったのが最初です。認知症、脳溢血、脳梗塞、小児麻痺、植物状態など。不思議だったのは、血筋は関係がないことでした。

そして若くして亡くなっていたり、生まれてすぐ亡くなっている人、生まれる前に亡くなった人など、今回書いてみて改めてやはり多いと思います。

そして子どもたちに受け継がれることを考えると、原因のわからないこの不安を断ち切りたいと思いました。

先祖から受けついている土地というのも気になっていたのですが、今思うと原因はこれだけではなく、自分の意識レベルの低さからきていました。なんとか現状から脱したい。そのきっかけで思いついたのが先祖供養でした。

元気で産まれてきたことの奇跡

ある時思い立って、戸籍を取りに行きました。役所で担当者に「家系図を作りたい」と伝えたら、淡々と次から次へと戸籍を出してくれました。

今は3代先までの戸籍が取れるそうです。全部で100名近くになりました。

当時は成仏していない人の想いをセラピーで宇宙に教えてもらいながら、上がってもらうことをひたすらしたのですが、現在受講生にもおすすめしているこの方法から、見えてきたことがありました。

皆さんにそれぞれ調べてもらうと歴史や住んでいた地域、さまざまなアクシデントが重なって亡くなった人、障がいを持って生まれた人などがわかってきます。

そこで気づいたのは、元気で産まれてきたことが奇跡であったということです。
情報を集めて書き出すだけでも、なにか気づきが得られます。

変容がはじまる

変容とは変化とは違い、ものごとの本質が変わるとった、根っこから変わるといった体験が1週間後から始まり、今のわたしがいます。

先祖供養をした受講生で、「特になにも変わらなかった」という人も多いですが、それはどう捉えたらいいかというと、「先祖からの影響を受けない良い状態」ということです。

過去にも未来にも囚われる必要がない、自分の自由な思考でやりたいことをどんどんやっていたらいいと捉えてください。

算命学の先生に言われたこと

占いを受けることは滅多にないわたしですが、昨年算命学を取り入れている経営者さんに遭遇する機会があり、よいことは参考にしてみようと受けてみることにしました。

生年月日と名前だけ伝えてみたら、「今の姓の先祖供養をしなさい」と言われました。特に自分のやっている仕事を伝えてはいなかったのですが、その直前に義父が亡くなるといったことがあり、ちょうど義父が自分の葬式を見たら上がるとセラピーでやり取りをしていた直後でした。

その後夫から墓じまいの話があり、それまでは夫からの情報だけで先祖供養をしていたのですが、数代前までの戸籍を見せてもらえるきっかけを得て、再婚先の先祖供養もあらためてセラピーでやることができました。

【まとめ】新しい先祖供養の方法で無事に墓じまいになる

生をもらった家系と新たに引き継いだ姓の先祖供養をした結果、どちらも墓じまいという方向に進みました。

先祖やお坊さんから、「お墓は大切にしなさい」と言われて育った方は多いと思うのですが、過去を思い出してモヤモヤ、イライラしたり、未来を憂い生きることが、苦しみを作り出して、現実を辛いものとしています。

もしかしたら長い歴史で言われてきた先祖供養の方法が、その憂い、苦しみを作ってしまっている。そんな家系があるかもしれません。

今回体験してみて、過去や未来にフォーカスすることを減らしていくことのひとつに、「墓じまい」という選択もあるように思いました。

墓じまいは引き継いでいく人へ、自由な人生の選択肢を増やすひとつでもあるように思います。