腰痛と内臓の関係

最近は医療の現場でも、腰痛の原因の8割は、「心因性」と言われるようになりました。

骨や筋肉などの問題がなければ、患者の置かれている環境を医者だけでなく、理学療法士や臨床心理士でシェアして治療を決めるという病院も出てきています。


心因性の場合は、ある程度の休養で痛みが和ぎ、ウオ―キングで脳の血流を良くしていくということで、予防となるようです。

わたしが腰痛の依頼があった時は、骨格の歪みや筋肉などの炎症を探っていくほか、自分の感情が入り込んでいることもあるし、もうひとつ、内臓の機能の浄化をします。腸や膀胱、子宮などです。腰痛は内臓の機能までアップしてみると、その場で痛みがかなり軽減できます。
ただ、痛みというのはおかれた環境や自分の記憶が呼び起こすということもあるので、持続性はかなり個人差があります。

「病気にならない生き方 細胞が喜ぶ5つの条件」の音声をプレゼント!
『スピ能力がなくてもつながれるカミさまの存在を知る5日間講座』