ブレインクリア・セラピー®では、自分や家族、周りの人にセラピーをやりたいという方のために基礎コースというのがあります。浄霊の方法、霊道の閉め方、内臓や脳、ホルモン、トラウマの基本的な癒し方を自分や周りの人たちに実践していくことで身に着けていく内容になっています。

9割以上の方が、1か月以内に自分や周りの人の変化があるため再現性が高いです。残りの1割の人が実感を得るのに時間がかかるのは、YESとNOのコンタクトを積極的に行わなかったり、特に本人に不調がない他、誰にも言わずに秘密で取り組んだ結果、時間がかかるということがあります。

目に見えないことに理解を得られるようになってきた時代に、ヒーラーになって、周りの人を癒していきたいと思う人は増え、オンラインでも気軽に資格を取ることができるようになってきました。

しかし仕事としてずっと続けるとなると話は別です。自分軸、ビジネスマインド、マーケティングの知識を身に着け実践することが、安定したサービスを提供することにつながります。

今回はプロでヒーラーになりたい方に向けて、不要な思考や行動、言動を5つに絞ってご紹介します。

「わたしはヒーラーになれるでしょうか?」というこちらへの問いかけ

未来は目の前の現実にひとつひとつ、自分で選択することで変わっていきます。

人間の心理として、「初めてやることに不安がある」ということがあります。「変わらないでいることが安心」というのが普通の感覚であって、新しいことに挑戦するのも現状維持でも選択するのは自分自身になります。

その不安を少しでも解消していただくために、受講生の声をブログに書いたり、インタビュー動画をアップしたり、活動している方々をサイト上でご紹介しています。

正直このような不思議なセラピーで活動をしてくださる方々は、「困っている方のお役に立ちたい」と相当の決意を持って顔出し名前だしをしてくださっていると思います。

わたしは「自分の人生に責任を取る」人と関わりたいと思っています。自分のことは自分で決めていただきたいし、その決断にわたしは良いも悪いもジャッジはしません。

一般的に人生が長ければ、予期せぬ出来事が起こることはあります。自分で選択をせずに思いもよらない出来事に遭遇をした時、誰かのせいにしたくなる。それが人間の心理でもあります。その反面、心の成長は止まります。

選択した自分の気持ちを想像して決断することの積み重ねが、ひとり起業する人の基本になります。

「わたしはヒーラーになれるでしょうか?」という質問は、わたしからしたらできるとも言えるし、できないとも言えます。なにごともやってみないとわかりません。

「自信がない」

自信がないならば、なんでもいいので続けてやってみましょう。続けることで自信がつきます。

自分に自信が持てない人に実践してほしい簡単な方法として「お金を貯める」という行為があります。収入から経費を引いて、残った額を少しでもいいから貯めていく。

溜まったお金は学びや独立と、将来の自分のために自由に使えます。それはアルバイトでもなんでも構いません。お金を貯めることは「自己管理ができる」その基本です。

それが出来てくると次のステップとなり、なににおいてもコツコツと続けることで自信になります。

プロヒーラーを目指すということでいうと、勇気を持って周りの人に声をかけたり、SNSで発信をして、困った人のお役に立つ。修正しながら自分のやり方を見つけるといった行動をコツコツ続けることができるかどうかになります。

プロヒーラーになりたい人のほとんどが、困っている人のお役に立ちたいと思っているはずなので、やりたくないことが出てきたとしても、仕事であればやりますよね。

例えばパソコンやSNSが苦手であるならば、それを克服する行動を起こしてもいいし、方向性を変え、対面や口コミを増やす方法を考え行動してもいいわけです。どれも続けることで自信につながります。

言われたことが素直にできない

近道で売り上げを上げる方法をプロコースではMBA修士を持っているコンサルタントとお伝えしています。自分の強味を自ら発掘するには、さまざまテストすることが必要です。

わたしも強味を見つけ、ネットからお問い合わせをいただくのに、オンラインで活動を始めてから半年ほどかかりました。

その後、ライティングを学んでみたり、スピリチュアルのコンサルタントに依頼したり、中小企業のコンサルタントをしている方にお世話になったことがありますが、まずやったのは、言われたことを素直に取り組んでみるということでした。

正直1年間やってみて、頑張る方向性がちょっとずれていたという結果になったこともありますが、それはのちにとても役立ちました。無駄なことはないとはこのことです。

そうやって相性や見極める力を身に着けます。スピリチュアルの能力ではありません。経験から深い観察力も身に着け、自分なりの答えをひとつひとつ着実に出しておくことで、勘を磨きます。

地に足がついたヒーラーになる堅実な方法です。

常に受け身

受け身とは他から働きかけられるだけで、自分からは積極的に出ない、消極的な様子を言います。

「これまでのわたしは受け身だった」という人も、過去と今のあなたは違いますから、新たにスイッチを入れ直せばいいだけで、いつからでも活動的になれます。

「わたしはこういう人だから」と時々口にする方がいますが、それは変わりたくない心の現れです。人はいつでも変われます。キャラ変したらいいだけの話です。

宇宙の法則に抗おうとする

例えば、一度セラピーを受けて良かった体感を持ったことから、「困ったらセラピーをすればなんとかなる。」という神頼み的な思考を持つ方がいます。

本当は長い人生の間に選択してきたことの積み重ねで体の不調が起きていることがほとんどで、肉体の限界以上の働きをしていたら、わたしたちは死に向かって生きていますから、どんどんセラピーの効きは悪くなります。

授けてもらった肉体をどう扱っているのか?宇宙はよく見ています。身体の声を聞き、生き方や働き方を見直し、準備をしていった人に宇宙は間違いなく優しいです。

宇宙の法則、自然の法則は絶対で、自分だけ特別ということはありません。

人を癒すことはいつからでもできるけれど

プロではなくて、自分や周りの人にセラピーを無償て提供したいという方は、基礎コースで学ぶことができます。最年長は70代前半(ちなみに最年少は24歳)です。

しかしプロになると、癒すスキルの他に、仕事としての準備が必要になり、時間と集中力、気力が必要になります。

受講をスタートするおすすめの年齢は40代前半です。50代後半、60代前半でもプロとして活動し始める人はいます。そのような方は今回お話した上記のことをお伝えすることなく、これまでの人生ですでに身に着けています。

わたし自身が30代半ばより今の形を想像し、行動に起こしたのが40代半ばで現在50代前半にきましたが、プロになりたいと思っている50代60代の方は、急いで準備することをおすすめします。