【お客様の声】霊道の影響を止めることは、すごく大事

今日の画像ちょっと怖いですが、写真をダウンロードするのに「霊道」って言葉を入れてみたら、こういった画像が沢山出てきました。
霊道というのは「霊の通り道」だそうで、住んでいる土地や体に開くことで、心身に影響があるようです。今日は霊道について解説します。
セラピーを体験したお客様からは、「霊道からの影響を止めるってどんなに大切なのかと実感した」という感想をいただきました。

霊道とはなに?

「れいどう」と呼んでいます。いつの頃からか霊道が開いている場所は、事故がよく起こったり、ラップ現象が起こると耳にするようになりました。15年前にエステティックサロンで働き始めた最初の年、テナントを紹介してくれた不動産会社の娘さんが視える人で、その会社のビルの何階かに霊が列をなして通っている、と怖い話を聞いたのですが、今思うと、あれが霊道だったのだと思います。その不動産会社はなくなってしまいました。その後、エステサロンで働いてくれていたスタッフが、自宅近所の長い坂道で、車のブレーキがきかなくなり、T字路で左に曲がった時に車が止まり、すぐに点検してもらうと、何も問題がなかったという話を聞いた1年後、そのスタッフの近所に住んでいた、別の知人が、同じ坂道で、やはり車のブレーキがきかなくなった話を聞き、当時先生に相談すると、その奥にあった小学校の裏庭に霊道が開いているようだと聞いて、ゾッとしたことがありました。わたしは視えませんが、霊道が開いていると良いことがないようです。

霊道はいたるところに開く

セラピーを始めるようになり、霊道というのは体の一部分に開くこともあるようで、やはり体の不調として、影響があるように思います。病院で検査しても症状が和らがず、長引く時は、もしかしたら、この影響があるかもしれません。土地などに開いていたり、出向いた場所に開いていたり、すでに開いている人とやり取りしても、影響を受けることもあるようです。

霊道を閉めなかった霊媒師

先日ブレインクリア・セラピー®の宇宙とつながる体験コースを受けてくれたHさん。過去に有名な霊媒師さんに浄霊をしてもらったそうなんですが、その時に新たに不要なエネルギーに憑かれないようにと守護霊を体の中に入れる、ということをしてもらったそうなんです。コンタクトも取れるようにYESとNOで体が左右に動くようになったHさん。そのすぐ後、命にかかわる病気やトラブルに見舞われて、体に守護霊を入れてもらったのが良くなかったのではないかと、長年困っていたそうです。今回ブレインクリア・セラピー®では、土地や体に開いている霊道にセラピーをして、2日目の午前中にまだ感じていた守護霊の存在にも同じくセラピーをしてみたところ、午後にはHさんが守護霊に質問をしてみても、体が揺れることが全くなくなり、数年家の中を四つん這いで動くくらいのだるさや疲労感があったのが、セラピー2日目には立ち上がれるようになり、気が付けば小走りで家事をこなすまでに。霊媒師さんからは「霊道」の話は聞いたことがなかったそうで、浄霊しても、霊道が開いていることでHさんにとって不要なエネルギーが憑いてしまったようです。霊道というのは、霊媒師さんにも手ごわい存在のようです。

クライアント側から、今度は自らを守り、大事な人も守れる存在になる

長年、体の不調に悩まされていたHさんでしたが、宇宙とつながる体験コースが終わった3日目は、無料相談で初めて話した時のHさんとは明らかに違う柔らかな表情で、視えないなにかから解放されたような、自然で穏やかな笑顔でした。人生は不安なことの繰り返しですが、Hさんにとっては、重要な不安要素がひとつなくなると思います。自分でできる、しかも命がけではなく、安全な場所から、自分や家族にとって不要なエネルギーを自分で取ることができたら、もっと未来は明るくて楽しいものなります。普段はサイキック能力やスピリチュアル能力のない方を募集していますが、Hさんのように、霊的なエネルギーを受けやすいという能力で困っている方にはお役に立てるスキルです。