宇宙創造のエネルギーに自分の存在を知ってもらうには?その1

宇宙エネルギーに、自分の存在に気付いてもらって認めてもらうことで、人生においての願いが叶っていくということが、自分の経験からわかってきました。
どうやらこれは、病気になる、ならないにも関係しているようで、左の表の青字はうまくいきにくいレベル、赤字はうまくいきやすいレベルになっています。
アメリカの精神科医ホーキンス博士の著者「パワーかフォースか 人間のレベルを測る科学」と自分の経験を照らし合わせていったら、ものすごく納得できたので、ご紹介します。

わたしになにが起こったかというと、自分の意識レベルが上がっていったことで、クライアントの変化だけでなく、自分自信にも体の変化が起こったことや、同じことができる受講生が何人も誕生しました。

意識レベルを上げるとは?

人生の意味や自分はなんのために生まれたのか?内的対話(自分との対話)を繰り返し、本当の自分に戻ることを実践していくと、意識レベルが上がっていきました。実践というのは、 人間関係、働き方、時間の使い方を壊していきました。自分が作った常識です。

わたしが初めて宇宙創造のエネルギーとつながった2006年頃の意識レベルは大変低く、当時の先生に、「はい、宇宙とつながっています~。」と言われても、よくわからず。YESとNOで、宇宙とのコンタクトを取る方法を教わったのですが、最初は石でやりました。ペンジュラムっていうのですね。
右回りがYES、左回りがNOで、最初は自分で回しながら、自然と動くようになることを待つ…

まわりにはすでに、痛みを和らげたりする人がいたので、できないことに、劣等感を感じつつ、子どもにやっても、母にやっても「???」落ち込むこと1か月。1か月目で、やっとで実感を得る体験をした後、行き詰ること度々。確信が下がること数回。なので、今の受講生は早くから自分や周りの方の変化があるので、レベルが高いです。
あの時のわたしを思い起こすと、「特別な力が欲しい」といった、「欲望」や「切望」するのみで、現実からは、逃げていました。先ほどお話したように、人間関係や働き方、時間の使い方など、なにに対しても、決断することができず、問題を先延ばしにしていました。

ホーキンス博士の表でいうと、下から6番目です。神の視点からいうと「否定」です。宇宙に気が付かれるわけがない(>_<)

そんなレベルからのスタートでした。