霊が視える人に浄霊をしてみたら

霊が視える、もしくは聞こえるというクライアントに何度かセッションをしたことがあります。

わたしは浄霊をカミさまにお願いしている最中、手を合わせて心の中で、成仏していない霊の数をカミさまに聞いて、上げてくださいとお願いしていくだけで、なにかが視えたり、聞こえたりということが全くありません。
セラピーが終わった後に、クライアントに体感を聞いてみると、

「〇〇さん、ありがとう。」と知らない人の名前を呼んでいたり、「出たくないー」とか、「日を変えてー」とか、色々叫びながら、霊が体から出て行って、どこかに吸い込まれていくように離れていくものもいれば、離れたけど戻る霊もいるし、「日を変えて」と言っている霊は、成仏したくない理由があるようで。

12年の経験の中で、戻ってくる霊、じっと止まっている霊に遭遇した経験は、稀なんですが、この世に思い残しているようで、そういう時はちょっと丁寧に上げてみる。という方法を取ります。
それで解決することもあるし、なかなか上がってくれない霊もあります。そうなると、浄霊したくない理由を探っていくということをしているのですが、元々視える、聞こえるというクライアントから聞くと、ブレインクリア・セラピーで変化しているのは確かなようです。

「こんなに楽しい浄霊は初めて。」と言われたり、
「津田さんは大丈夫なんですか?」とも聞かれますが、

視えないし、聞こえないので、全くなんの問題もなく、日常が送れています。霊との波長は合っていないということです。

受講生も元々霊感がない方ばかりなので、何者からの影響を受けることはなく、日常を送りながら、カミさまにお願いすると、目の前で奇跡が起こる、という体験をされています。


「病気にならない生き方 細胞が喜ぶ5つの条件」の音声をプレゼント!
『スピ能力がなくてもつながれるカミさまの存在を知る5日間講座』