波長が合うと生霊を飛ばされることがある

2019年もよろしくおねがいいたします!
病院で診断がつかないのに、症状が長引いている場合、生霊が影響していることがある。
別にクライアントが悪いことをしていなくても、飛ばされることもある。
問題は生霊を送ってくる相手で、相手の肉体の浄霊と脳の浄化をすることも大事。
今までの経験だと、依存とか執着、支配が生霊となって飛んでくるようで、 生霊を飛ばされる人は、優し過ぎる、NOと言えない、肉体が疲れているといった状態の時に、波長が合ってしまう。

で、ほんとに生霊上げられるのか??と思われるのだけど、2018年では、診断がつかず、2年続いた胃の痛みが、浄霊して翌日止まり、3年続いた耳の膿が、翌日止まったということがあった。

「病気にならない生き方 細胞が喜ぶ5つの条件」の音声をプレゼント!
『スピ能力がなくてもつながれるカミさまの存在を知る5日間講座』