浄霊する時は霊道がカギ

霊道というのは、「霊の通り道」らしく、わたしが浄霊ができるようになる前、エステのお客様で視える方がいて、「職場のある階にお化けが列をなしてサーっと通っている」といったことを話していたので、今思うとあれが霊道だったのだと思います。

この霊道、住んでいる土地に開いていると体や心に影響が出るという方が多いようです。土地には開いていないのに、体に開いているという方もいます。どこか霊道が開いているところへ行って開いてしまった、もしくは開いている人とやりとりをして開いたのではないかと思います。

心と体のクリーニングでは、チェックする中で、最初に必ずこれをカミさまに聞きます。体調が非常に悪かったり、人間関係が大変な時は、ここからの影響がおおいにあります。誰もいないのに足音などがするといったラップ現象は必ず霊道を閉めます。閉めた後に浮遊霊を上げますが、このふたつがパーフェクトにできることで、ラップ音が止まります。視えたり、聞こえたりしないわたしたちが、浄霊できているかを確認するには、これが一番簡単で実感しやすいです。

「病気にならない生き方 細胞が喜ぶ5つの条件」の音声をプレゼント!
『スピ能力がなくてもつながれるカミさまの存在を知る5日間講座』