チャネリング、リーディングができなくてもヒーラーにはなれます。

特別な力が欲しくて、スピリチュアルヒーラー養成講座に参加してみたけれど…

ヒーラー活動をするのに、チャネリングやリーディングが必要と思っている方が多いと思います。しかしわたしにはその能力が全くありません。逆に生徒さんのほうが持っていて、詳しいということが増えてきました。透視力(クレアヴォヤンス)や霊聴力といったサイキック能力があって活躍しているヒーラーさんはいますが、実際そのヒーラー養成講座に参加すると、結局その方の特別な能力だということで、知識は得たけれど、先生ほど出来ない、出来ているのかわからない、自分で作りだしているのかも…といった声は生徒さんから聞いています。2006年に宇宙エネルギーと繋がった私も「向いていないかも…」と思うことの連続でスタートしましたが、諦めずやり続けること、習慣にすることで、目の前の現実が変わり、確信へと変わっていきました。体の不調や人生がうまくいかない原因を、宇宙に聞いてお願いしていくことで、チャネリングやリーディングの必要がないことがほとんどだけれど、スキルとしてあるならば活用できることもわかりました。

宇宙エネルギーとの繋がりは皆平等。しかし…

ヒーラー養成講座を始めて、わたしがやったことがない症状や人間関係など、生徒さんが中級講座を始めた時点で、身近な人やクライアントを良くしてしまうことは度々起こることで、宇宙エネルギーとの繋がりはみんな平等だということはわかってきました。ただ、セラピーを学んで、確信がなかなか得ずらいという方が出てきたこと(よくよく思い起こしてみたら自分も始めた頃はそうだったのだけど)、セラピーを対象者にしてみて、すぐに変化がある場合、回数が必要な場合、あまり変化がみられない、といった変化の出方に違いがあるのはなんでかということが、2つほどわかってきました。

17段階の意識レベルに注目

アメリカの精神科医が提唱しているのですが、表をみてもらうと、病気になったり人生がなかなうまくいかないといった状況は青字で、赤字に意識が転換されていくと、病気にもなりにくい、物事が思うように運んでいくという状況になっていきます。自分が2006年に宇宙エネルギーとつながった時のことを思い出してみたら、まさしくその通りで、意識レベル(左)で言うと、自分は環境が整っていないのに、人とは違った特別な力が欲しい「欲望」から始まっていました。そのレベルは神(宇宙創造のエネルギー)の視点でいうと、「否定」という、宇宙には気が付かれていないところからスタート。これが、意識レベルが「勇気」になって初めて、神の視点は「許認」となります。そこで宇宙に存在を気付いてもらった、ということです。できない自分を認める、諦めずにやり続ける、懲りずに人に伝えてやってみる、そこで急性心筋梗塞、意識不明で救急車に運ばれた方の奥様から依頼がきて、チャレンジしたことにより、遠隔が終わるころには救急車の中で意識が戻り、カテーテル検査でも詰まりがなくて退院する、という奇跡を体験することができました。だからもしこれを読んでいるあなたが、ヒーラー養成講座を受講しようと決めた時、意識レベルがすでに「勇気」のあたりから始まっていれば、あっという間に目の前で奇跡が起こる、という現実が体感できるのだろうと思います。

個々が抱えたカルマの違い

クライアントにセラピーをすると、1回で変化する時と、何度もセラピーする時、なかなか解決できない時があります。その違いはなんだろうと考えた時、カルマ が影響していると感じるようになりました。カルマとは、「過去(世)での行為は、良い行為にせよ、悪い行為にせよ、いずれ必ず自分に返ってくる。」という因果応報の法則 のことで、カルマにも種類があるそうで、霊的、精神的、肉体的、前世から持ち越した大きなカルマの4種類。たしかに、わたしもセッションや講座をしていて持っているカルマによって、症状や人間関係の変化に違いが出るのではないかと感じています。
わたしが思う『霊的なカルマ』というのは、住んでいる土地、先祖、他の霊からの影響を受けやすい状態になっている、生霊を飛ばしやすい意識レベルにいることなどと感じています。その人自身が霊と同じステージに立ってしまうというのもあります。
次に『精神的なカルマ』というのは、過去の記憶に囚われている、頑固、外に原因を求めている、といったことです。
『肉体的カルマ』というのは、体を酷使している、体を大切にできていない、細胞の声を無視しているといったこと。
最後に『前世から持ち越した大きなカルマ』というのは難病や生まれつきの障がいのある方に考えられるカルマだと思います。
これによって、セラピーをして瞬時に変化する場合と回数が必要な場合と、変化がないといったことがあると思います。カルマを解消するために、講座を受けようと決めた時点で解消されることもあるし、講座の中で現実が猛スピードで変化していくこともあります。カミ頼みだけではだめ、というのはこういったところにあります。あなたのカルマはなんでしょう。

要は今の自分が諦めないこと

この間、「この方、変わらないだろうな~」と思い込んでいたことがあり、反省しました。その方、今までの思い込みを外して「勇気」をだしてみたんです。そうしたら、長年の症状がピタッと止んだ、そんなことがありました。そうやって人はカルマを解消しながらセラピーをしていくと、変化していきます。進行性の難病の方に遠隔することもありますが、遠隔をしたら、症状が少し楽になります。ということは、諦めないことです。起こった出来事でその都度凹む時は、まだ意識レベルが青字のところなわけで、ストレスホルモンが過剰に分泌して、心拍数を上げ、免疫を下げます。「起こった出来事には意味がある」と捉えられれば、人生がうまくいく赤字レベルに転換している、明るい未来が待っています^^