脳に水分が足りていないことで起こること

水分は脳に必要ってことで、よく取り上げさせていただく話題。

末期の肝臓がんで自宅療養していた同僚のお母さん。食欲が落ちているということで、脳の浄化や内臓の機能のアップをしてみようとカミさまにお願いした翌日。友人から「食欲はいいんだけどさ、言っていることが認知症みたい。」と言われて一瞬ビビる。

心の中で「どうしてかな~。」と考えていたら、勘が働き、「水分どうですか?足りてないみたいなんだけど。」

「そうそう、お医者さんから水分をよく摂るようにと言われてるんだよね。」ということで、訪問でやってくるドクターにお願いしてすぐに点滴。その後わけのわからないことは言わなくなり、食欲も回復。

しかし、うまく説明できないのが、脳に入り込んでいた不要なエネルギーが取り除かれた後に脳の働きが活性化されて、不足気味な水分がより足らなくなっちゃったのか?いまだ謎。

水分が足りなくなると認知症状が出るとは聞いてはいたけれど、ものすごく重要なことを目の当たりにした。たまたま高齢者だったけれど、ブレインクリアを受けた後に、だるくなったりする方もいるので、水分はよく摂っていただくようにお願いしています。

「病気にならない生き方 細胞が喜ぶ5つの条件」の音声をプレゼント!
『スピ能力がなくてもつながれるカミさまの存在を知る5日間講座』