治療家が無意識に恐れていること

病気を抱えていたいクライアント

治療家・整体師の方はお気づきと思いますが、病気を抱えていたいクライアントがいます。抱えていることで、「家族が優しくしてくれる」「面倒みてくれる」「頑張った証」といった、良くなったら逆にそれがなくなるんじゃないかという不都合があるので、なかなか痛みが取れなかったりします。途中せっかく体の動きが良くなってきたのに、セラピーを受けることをやめてしまって、元に戻った人や、「わたしは長年、これだけのことをしてきたんだ。」といった自負から、痛みを手放さない方など、目にしてきました。それは良い悪い関係はなく、人生は自由に選択ができるので、それもありなんだと思いますが、施術する側からすると、正直モヤモヤ感が残るので、お断りしたいところです。

依存の正体

「なんとかして欲しい。」「助けて欲しい」「わたしの気持ちをわかって欲しい」といった思いを生霊として飛ばしてくるクライアントがいます。もし施術する側が体調を崩し、病院で検査しても異常がないといった場合、生霊を飛ばされている可能性があります。外側に原因を求めるタイプの方は、無意識に生霊を飛ばしやすく、受ける側も肉体を酷使させていることで、エネルギーが下がり、波長を同調させてしまいます。

治療家がクライアントに触りたくないなと思った時

治療家や整体師の方で勘が鋭い方は、初めてのクライアントに対して、「この人、やばいかも。」なんて思うことがありますよね。そんな時のクライアントの状況はというと、住んでいる土地に霊道というのが開いていたり、そのために自分の体や脳にも霊道が開いてしまっている可能性があります。そのため、体調が悪くなったり、攻撃的になる方もいます。霊道が開く原因として、開いている人とやり取りすることで、開いてしまうということもあり、治療家や整体師さんの勘は間違いがなく、ただ手立てがなく、やり取りするしかありません。ちなみに霊道というのは、霊の通り道で、視える方に聞くと、霊が連なってそこを通っているのが視えるそうです。

そうして、現役人生を短くしてしまう治療家・整体師がいるのも現実です。
ブレインクリア・セラピー™は、初級で霊道が閉められるようになります。

 

無料相談ご予約

ご興味のある方、私の場合はどうしたらいいの?と思われた方
まずは無料相談をご予約ください。